占い・電話占いのご紹介サイトです

 

uranai.net ホーム
占いについて
血液型占い
星座占い
タロット占い
uranai.net リンク

 

Uranai.net

 占いについて

占いとは具体的には、自身の運命を知るためのもので、実はそうでないものなんだとか・・・。どっち?なんて思いますよね。人の運命というものは決まっているものじゃありません。じゃぁ、なんで占いは当たるの?なんて思いますよね。では、占いはどうして当たるのか?分かるのかというと、その人の性格や資質本質その人の”核”となる部分が必ずあってその部分はいわゆる「持って生まれた資質」に相当する部分なので、ほとんど変わりません。

そこから細部分を分析していくことによって、未来にその人が選択するでしょう”方向”やその人が選びそうな”事柄”が分かるのです。分かれ道がたくさんあってもこの人だったらこの道を選ぶだろうと予測が出来るのです。でも、必ずしもそうだとは言い切れない場合もあるので、占いに限らず絶対ということはありません。

占いの種類

占いの種類というとその数は多岐に渡りますが、大きく分けてしまえば東洋&西洋などの2つの種類にわけられます。

東洋の占いの代表的な占いというと四柱推命でしょう。中国で古くからあり、その歴史にはとても長いとされています。その他にも、姓名判断なども中国で古くから行なわれている占いとして人気があるようです。

一方西洋の占いは?というと、その代表的な占いが西洋占星術が古くからあると言われています。それ以外にも、タロットやトランプといった何らかの道具を利用して占うというものが西洋だと言えます。

簡単に言ってしまえば、東洋は気学、西洋は道具を使う占いと覚えておくといいでしょう。

占いの歴史

占いの歴史はとても古いものだとされ、人間が一緒に住んでいたころからあった説や、また5千年以上も前に生まれたという説もあります。どっちの説が正しいのかは分かりませんが、古くから占いはあったみたいですね。

西洋の占いは中国から日本へと伝わり、その当時の占いは日本ではとても人気があったそうです。日本でも、占いの歴史はあって、その頃の占いというと焼いたシカの骨に入るヒビで占いをしていたんだとか・・・。日本でも中国と同様に5千年前からまでとはいいませんが、古くから占いはあったそうです。

でも、古い時代の占いというものは、古い時代の為のものであり、いまでは使えないものも少なくなかったそうです。
また、他国の占いが他の国で使えるかというと使えないものが多かったりするのです。今では現代の人のために使えるように、日本人にも使えるようにと、”手直し”のような事を新たに研究しなければならなかった部分も多くあったとも言われています。

今では一般的になっている占いですが、こうやって歴史的に考えてみると、本当は大切な行事で神聖なものだったのかなぁなんて感じました。

check

2016/9/7 更新